2017 , 03 , 23
 去る3月14日、上田東急REIホテルにて信州ハム様主催の「第43回ワインと食事の夕べ」にソムリエとしてお招きいただき、高野豊がワインの選定とサーヴを致しました。

 新しく開発されたポークフルト、ハーブフルトを温前菜として楽しみながら、メイン料理・地鶏のバロティーヌの美味しさをより一層引き出すようにと、南イタリア最上と称されるプリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアをご用意させて頂きました。

プリミティーヴォ

 イタリア南部プーリア州は、イタリアをブーツに喩えると「かかと」当たる部分に位置しており、北にアドリア海、南にイオニア海に面する長い海岸線を持つイタリアの重要な港であるとともに、食文化の中心地のひとつです。



 DOC「プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア」の生産地名にあるマンドゥーリアは、そのプーリア州ターラント県にあり、温暖で乾燥した気候と、石灰岩に鉄分まじりの赤土で育つプリミティーヴォ種からは、アルコール度の高い、驚くほど濃厚で肉厚な赤ワインが作られています。

 プリミティーヴォ種は、アドリア海の対岸クロアチアで栽培されていたツーリエンナーク・カーステラーンスキーが海を渡り、イタリア半島にもたらされた際にプリミティーヴォと名前を変えて呼ばれるようになったとされております。

プリミティーヴォ
(出典:Wikipedia)

 「最初の」、「一番目の」を意味する名前にある様に、9月上旬から中旬に収穫される早熟さが特徴で、酸味の強いイタリアワインの中でも特に強い酸味を持つプリミティーヴォ種は、特有のベリーやチェリーなどの果実を煮詰めた香りと共に、煙草やスパイスの香りも感じられる複雑かつ濃厚なワインで、力強さと深い余韻を楽しむ事ができます。

 私が注目したルイジ・グアリーニ社のワインは、特に洗練された果実味があり、アルコール度数14.5%もの濃厚なボディであるにも関わらずスルリと喉を通る質感のよさが特徴で、丁寧に栽培されたブドウを使用していることが飲んだ瞬間に感じられる素晴らしい仕上がりです。

 アメリカ合衆国に渡った同種のぶどうはジンファンネルと呼ばれ、主にカリフォルニア州で栽培されていますが、味わいはプリミティーヴォとは異なり、またカルフォルニア州の中でも寒冷地と温暖な地域で栽培されるぶどうとではその味わいが変化します。
 イタリア、カリフォルニアの風景を想いながら、それぞれのワインを飲み比べてみるのも楽しいでしょう。

20170314_1.jpg

20170314_2.jpg20170314_3.jpg
20170314_4.jpg20170314_5.jpg

 次回の開催は5月9日(火)を予定しております。
 詳細につきましては、主催・信州ハム様のサイトでご確認ください。

 信州ハム様 【食の活動レポート・ワインと食事の夕べ】


2017 , 03 , 22
 マスターソムリエ高野豊監修の『イタリアン餃子』が FOODEX JAPAN2017 の美食女子グランプリにてグランプリに次ぐ金賞を受賞しました。

 長野県松本市にある餃子メーカー「信栄食品」様との共同開発の新食感洋風餃子で、イタリア産トマト、エキストラバージンオイル、イタリアンハーブを国産の豚肉と野菜にマッチさせました。

 昨今話題になっている餃子×シャンパン、スパークリングワインのマリアージュだけでなく、赤・白・ロゼワインいずれとも調和する餃子です。

詳しくは美食女子グランプリ公式サイトをご覧ください。
 → 【美食女子グランプリ 公式サイト】
イタリアン餃子

<追記>

 『イタリアン餃子』は、平成29年4月下旬発売予定で現在準備中を進めております。




2017 , 03 , 13
雪解

 粕取り焼酎とは、日本酒の製造工程で圧搾した後に残る酒粕を蒸留して造ったお酒です。

 原料となる酒粕は、創業350年以上を誇る辰馬本家酒造が、通常の三段仕込みに加え、更に四段目にもち米を掛け日本酒を醸造する際に出来た贅沢な酒粕で、蒸留の後、フランスのリムーザン地区の樫樽に二年半の熟成を致しました。

 通常粕取り焼酎は香りが強く、好き嫌いが大きく分かれますが、雪解は樫樽で熟成することで癖となっていた強い香りを優しい香りへと昇華させました。

 口に含むと、ローストした白樫の新樽に由来するチョコレートやカラメルを想わせる香り、満開の花畑の中をゆっくりと歩いているかのような豊かな香りが広がり、その余韻は長く続きます。

 和と洋の絶妙な調和から生まれた、焼酎とウイスキーと日本酒とブランデーを足して4で割ったような未知なる味わいと香りは、これまでの焼酎の世界にはなかった新たな感動を与えてくれます。

 雪 解(ゆきげ)とは、雪解け水を意味しており、日本酒、焼酎、ブランデー、スコッチウイスキーといった様々な酒類の香が森の雪解け水を想わせる事から名付けました。




2017 , 02 , 21
サンサンワイナリー NAC奨励賞ワイン

去る平成29年 2月 1日に行われた第28回 長野県原産地呼称管理制度「ワイン・シードル」官能審査会において、長野県の新生ワイナリー「サンサンワイナリー」の手掛ける2作品のワインが審査員奨励賞をダブル受賞しました。

今回はその審査員奨励賞受賞ワインのひとつ、
Chardonnay Marquise(シャルドネ マルキーズ)をご紹介いたします。

サンサンワイナリーは、社会福祉法人サンビジョンが2014年に創設したワイナリーで、敷地内にある標高約860mの畑は長野県内の中でも特に理想的な気候条件が揃った畑として注目を集めており、醸造所には最新鋭の醸造設備を揃え、醸造責任者には日本一の醸造技術を持つカリスマ醸造家、戸川英夫先生を迎えています。

2015年の初秋、サンサンワイナリーの畑に実っていたブドウの房に貴腐菌が繁殖しました。
10月中旬の天候にも恵まれた結果、ブドウの貴腐化が進み、カリスマ醸造家である戸川英夫先生によって日本では極めて珍しい貴腐ワインを醸造する事となりました。

華やかな香りと洗練された味わい・・・。
サンサンワイナリーの畑でしか実現し得なかった大変希少なシャルドネ種の貴腐ワインで、長野県原産地呼称制度の官能審査会・審査員全員を感動の渦に巻き込んだ逸品です。

NACロゴ




2017 , 02 , 09
ランブルスコ

1910年、イタリア北部にある町セーヴェゾでワイン販売業を始め、幾多の苦労を重ねた後ワイナリーを総業し大成功を収めたロジット&グアリーニ社に、マスターソムリエ高野豊セレクション専用のスパークリングワインをご用意頂きました。

DELLITALIA LAMBRUSCO(デリタリア ランブルスコ)は、
イタリア南部、プーリア州の畑で収穫されたばかりの高品質なぶどうを、完璧な温度管理の元で醸造した作品です。
冷蔵庫などで冷やすと、新鮮な赤い果実を想わせる華やかな香りと、優しい甘さを含んだ味わいが引き立ちます。

日々の晩酌からパーティーまで。
様々な場所でお楽しみ頂ける逸品です。


AEON_b.png