2017 , 03 , 13
雪解

 粕取り焼酎とは、日本酒の製造工程で圧搾した後に残る酒粕を蒸留して造ったお酒です。

 原料となる酒粕は、創業350年以上を誇る辰馬本家酒造が、通常の三段仕込みに加え、更に四段目にもち米を掛け日本酒を醸造する際に出来た贅沢な酒粕で、蒸留の後、フランスのリムーザン地区の樫樽に二年半の熟成を致しました。

 通常粕取り焼酎は香りが強く、好き嫌いが大きく分かれますが、雪解は樫樽で熟成することで癖となっていた強い香りを優しい香りへと昇華させました。

 口に含むと、ローストした白樫の新樽に由来するチョコレートやカラメルを想わせる香り、満開の花畑の中をゆっくりと歩いているかのような豊かな香りが広がり、その余韻は長く続きます。

 和と洋の絶妙な調和から生まれた、焼酎とウイスキーと日本酒とブランデーを足して4で割ったような未知なる味わいと香りは、これまでの焼酎の世界にはなかった新たな感動を与えてくれます。

 雪 解(ゆきげ)とは、雪解け水を意味しており、日本酒、焼酎、ブランデー、スコッチウイスキーといった様々な酒類の香が森の雪解け水を想わせる事から名付けました。




    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?