2017 , 11 , 14
サンサンワイナリー・クリスタルコンコード

 長野県のほぼ中央、松本盆地の南端に位置する塩尻市では明治時代からワイン造りが行われており、長野ワインバレーの中で最も古いワイン造りの歴史をもつ地域です。

サンサンワイナリー開墾当時
 サンサンワイナリーは、社会福祉法人サンビジョンが2014年に塩尻市に創設した新進気鋭のワイナリーで、敷地内にある標高約860mの畑は、かつては荒れ果てた遊休耕地だったといいます。しかしながら長野県内の中でも特にワイン造りに理想的な気候条件が揃った土地でもあったのです。


サンサンワイナリー畑
 地球環境の保全と地域の振興を信念に、土地の個性を活かしたワイン造りを行う醸造所には最新鋭の醸造設備を揃え、醸造責任者に日本一の醸造技術を持つカリスマ醸造家の戸川英夫先生を迎え数多くの作品を生み出しています。



サンサンワイナリー_クリスタルコンコード2015
 『サンサンワイナリー クリスタルコンコード』は、ワイン造りが始まった当時から残る長野県の代表品種の一つコンコードの特徴を生かすべく、クリオエキストラクション(冷凍濃縮)法を導入して造られた、まるでルビーのような輝きを放つデザートワインです。

 クリオエキストラクション(冷凍濃縮)法とは、自然の寒さによって凍った果実から造られるアイスワインを人工的に再現する手法で、収穫したぶどうを7℃以下の冷蔵庫へ入れることにより水分のみを凍結させ、糖分が凝縮し極甘口のワインへと仕上がります。

 ルビー色に輝くワインは、苺やリンゴを想わせる香りが鼻をくすぐり、クリオエキストラクション(冷凍濃縮)法により凝縮されたコンコードの優しく滑らかな甘さがゆっくりと喉と心を満たし至福の時間を与えてくれるでしょう。


 その美味しさは多くのソムリエを魅了し、2017年2月に行われた長野県原産地呼称認定審査会において長野県原産地呼称の認定を受けただけでなく、審査員奨励賞にも輝きました。
 
 一年を締めくくる華やかなパーティーの食前酒として、又ご褒美のデザートとご一緒に。どうぞお楽しみください。


 『サンサンワイナリー クリスタルコンコード』は、長野県内の酒販店様を中心に販売を行っております。お近くの販売店につきましてはお気軽に高野総本店 TEL 026-263-1232 までお問合せください。





    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?