2017 , 04 , 14
仙醸どぶろくロゼ

日本酒の原型とされる「どぶろく」

 その起源は定かではありませんが、3世紀後半の『魏志倭人伝』には【酒をたしなむ】との記述がみられることから、どぶろく作りの歴史は米作りと同起源であると推察されます。
 また、古来より日本では八百万の神々を奉り、豊穣の願いを込めて米や収穫物などの供物を献(たてまつ)ってきました。どぶろくも神聖なお酒として供物に名を連ねており、現代にも日本各地で「どぶろく祭り」として伝え継がれています。

 その製法は蒸した米に仕込み水、米こうじや酵母を加えて発酵させるという、いたってシンプルなものですが、加熱処理をしない生酒のため、味わいが変化しやすく大変保存の難しいお酒でもあります。
 どぶろくが清酒と大きく違う点は、最終工程で醪(もろみ)を液体と固体に分けるための濾過作業を行わない事です。そのため、その液面は白く濁り、舌触りもざらついているのが特徴で、その性質から米で作る醪の混じった状態の濁酒のことを古くから濁醪(だくらう)と呼んでおり、それが訛って変化し「どぶろく」になったと言われています。

140年の伝統を守り伝える「仙醸」

 桜の名所で名高い長野県高遠の地に居を構える仙醸は、幕末の慶応2年に太松酒造店として創業したのが始まりで、のちに高遠株式会社、高遠にほど近くそびえる仙丈ヶ岳にちなみ現在の仙醸へと名を変えながら140年脈々と受け継がれてきた酒造りの伝統を守っています。

 メインブランドである「黒松 仙醸」を長野県を代表する清酒として成長させながら、そのかたわら信州の素材を使いながらも信州らしくないスタイルを追求した「こんな夜に」を生み出すなど、伝統を守りながらも挑戦を続ける仙醸。

 その仙醸が手掛けるどぶろくは、長野県産の酒米「ひとごこち」100%を使用しており、醪に全く手を加えない昔ながらの農家で飲み継がれてきた伝統の味を再現しながらも、最新の技術を用いて低温殺菌を施し通年での販売を可能とするなど近年注目を集めました。

桜色のどぶろく

 仙醸ではどぶろくの更なる可能性を模索し、醸造過程で紅麹を加えることにより、その姿を淡い桜色へと変化させた「どぶろくは白い色をしている」 という固定観念を覆す、新たなどぶろくを完成させました。
 
 従来日本酒造りに用いられる米麹は黄麹ですが、紅麹は中国で古くから漢方やお酒の醸造に用いられており、日本においても沖縄の「豆腐よう」をはじめ、天然の着色料として様々な食品に用いられています。

 より魅力的に桜色をまとったどぶろくロゼは、アルコール度数7度と控えめで飲みやすく、米本来の甘味と柔らかくも爽やかな酸味、発酵する際に生まれる自然の炭酸ガスが舌をくすぐります。それらが時間とともに調和し変化していく様を存分にお楽しみ頂ける逸品です。

 どぶろくロゼはイオングループでの限定販売となっております。
 また、どぶろくの命ともいえる新鮮さを第一に、最良の状態でみなさまにお楽しみ頂けるよう、ご注文に合わせて少量ずつの限定生産を行っておりますため、店頭で欠品の際は何卒ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

どぶろくロゼ・ブラン
AEON_b.png


    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?